浜野の月例

雨天のため月例は中止となったが、11時まで待ったら雨もやみ、研修生交えてラウンドした。スコアは、18番の3連続OBもあってトータル86。空気が重くてぜんぜん飛ばなかった。
浜野のゴルフ場は、とっても従業員の応対が良く、メンバーを大切にしてくれる。コースもすばらしいし、言うこと無しです。再建に向かって頑張ってる関係者の皆様に、少しでも力になれたらと思います。

長太郎のクラチャンは、僕に勝った人が見事優勝したそうです。おめでとうございます。来年は必ず僕が優勝を狙います。

27日に石岡GCでプレーしてきました。とても戦略性があり、メンテも良く、すばらしいコースでした。運営が、アコーディアになっていたので、習志野のメンバーですと言ったら、メンバー費でプレーさせてくれました。ラッキー・・・・。OBやロストがあったにもかかわらず、スコアも79で上出来でした。


長太郎のクラチャン2回戦、準決勝戦

朝寝坊して、きりきりセーフのティーアップだった。 2回戦はハンデ2の強豪、57歳でがんがん飛ばし、とっても気持ちのいい人だった。 アプローチで2度打ちにみえなかったのに、本人が2度打ちを宣言、正に紳士である。 僕は、遅刻失格だと思っていたので、ゴルフができるだけで満足な気分、よくパットが決まり、おかげでダウンすることなく1UPで最終ホール。 相手がティーショットを池に入れたのに、性格的にアイアンで刻むことのできない僕はドライバーで同じく池ポチャも、なんとかボギーで分けて準決勝進出となった。 この日記を見て応援に駆けつけてくれた陣の内さん、伊東君、ありがとう。

続けて準決勝、相手はクラチャン3回経験のあるまたまた強豪。 インコースからのスタートでいきなり5ホールで3ダウン、自滅である。 ドライバーショットは良いのだけれど、変えたばかりのアイアンが今一つ。 だけど残りホールをなんとかしのぎ、3ダウンのまま後り5ホールになった時もキャディーさんに、「これからがおもしろくなるよ」と言うほど余裕があった。 相手のミスもあって、5番、6番を連続で勝って残り3ホールで1ダウン、そして7番で相手のティーショットがOBかと思ったら、左のネットに助けられてセーフ、おまけにパーセーブされて僕の2ダウン、後が無くなった。 8番ホールは短いパー4で、セカンドはアプローチウェッジで宣言バーディー。 ふたたび1ダウンで最終のロングホール、ドライバーショットは完璧で2オンできる位置だったが、力が入ってしまいグリーンを大きく左にハズした。 3打目のアプローチで5メートルのバーディーチャンスについたが、おしくもはずれてパー。 相手は2メートルのパーパットを見事沈め、勝負あり。 悔いの無いゴルフだった。

本当におもしろかった。 今年最後のクラチャンで過去最高のベスト4まで進めたことは、来年のクラチャンへの道の自信になった。


長太郎のクラチャン一回戦

インコースからのスタートだった。 10番ロングホール、ティーショットが大きく左に曲がり隣のホールのフェアウェイからのセカンドとなった。 なんとか3オンしたもののグリーンがめちゃめちゃ速く、ファーストパットはグリーンをこぼれてしまった。 いきなりのボギーとなった。 相手は1メートル強のパーパットを残していたが、1ダウンは覚悟していた。 すると相手はなんと3パットしてダブルボギー、これが明暗を分けた。 その後も相手はグリーンの速さにとまどいパットが決まらず、5エンド4で決着がつき僕がベスト8に進出することになった。

相手の選手は長太郎の研修会の会長をしていて僕より2つ若い。 なかなかいい奴で、練習ラウンドにあとハーフ付き合ってくれた。 研修会に入るよう勧められたがまんぶり会ならいいよと答えた。 これで長太郎でもまんぶり会が結成されるかも。
(まんぶり会とは、悪いスコアはカウントせず、常にドライバーショットを満振りする。 そしてバーディー重視の会。)

安全に刻むゴルフよりも、常に可能性にチャレンジしていきたい。 それで負けても悔いは無し。それが僕のゴルフだから。


長太郎のクラチャン2次予選

アウト40、イン38、トータル78スコア。
トータル156スコア、予選2位の成績で見事決勝に残った。この日、風も強くむずかしかったこともあり、164スコアまで予選通過した

この長太郎はフェアウェイがとても広く、ドライバーショットが、おもいっきり叩けるので気持ちが良い。アプローチ、パットもそこそこになると、ドライバーショット次第でスコアも決まってくる。ドライバーショットのミスが3回、アプローチミス」が3回で、6オーバー。パットは31パットでまあまあ良い。グリーンが小さいので、パーオン率は悪くてもパット数は少なめになる。

さあ、来週から16人のマッチプレー。15位の人と一回戦で当ることになるが、気を抜かずに頑張りたいと思う。1対1の勝ち負けなので、メンタルな部分が強く左右してくる。それを楽しめたら良いゴルフになると思う。今年、五つのゴルフクラブのクラチャンにエントリーして、予選通過は四回となった。


長太郎のクラチャン1次予選

アウト39、イン39、トータル78スコア。
新しく使うドライバー「TRのM-46 ロフト9度」が、申し分無く良かった。過去最高のドライバーショットだったと思う。ショットするたびに、同伴競技者から「すごいですねえ、飛びますねえ。」と言われ、気分良く、ゴルフを楽しめました。

しかし悩みと言えば、ドライバーが少しハードになったので、アイアンとのバランスが合わず、バーディーチャンスが少なかったため、ノーバディー、4ボギー、ワンダブルボギー(4パット)の6オーバー。グリーンは小さいけれど、パットは31パットで4パットがあった割にまあまあ。アプローチのミスは多かったけれど、あれだけのドライバーショットで、9番のロングも、残り180ヤードを5番アイアンで2オンせず、バンカー。100ヤード残りのミドルも、やっとのったことが多く、アイアンが切れなかった。
全て良いことはなかなか無いけれど、それを求めなければクラチャンは無理だろう。自分のゴルフ人生において、クラチャンという一つの目標に対して突き進む。少し手応えを感じている今日この頃。